あべゴブログがgoogle newsで配信されることになりました!

フォローよろしくお願いします!

フォローはこちらから!

【GⅡ】セントライト記念2022 情報まとめ【菊花賞トライアル】

2022セントライト記念情報まとめアイキャッチ競馬
スポンサーリンク

はぁーい!どぉーもぉ!アベちゃんだよー!!
昨日はローズステークスのまとめを上げましたね!あちらは3歳牝馬クラシックの最終戦のトライアルレースなのですが、こっちは3歳クラシック最終戦、菊花賞のトライアルレースということで、シルバーウィークもあって両方記事にしようと思います!おかげさまで寝不足MAX!!

18日(日)に行われるローズステークス関しては、下記でまとめてあります!見てくれよな!

セントライト記念情報まとめ

中山芝2200m
こちらは菊花賞トライアル!今回は今年のダービー3着のアスクビクターモアの出走が決まりましたね!形式としては前走ダービー組VS夏の上り馬っていう形でメディアは紹介していますよね!いやー、楽しみ楽しみ。

コースは中山芝2200m外回り。
スタートから第2コーナーまでは終始登り!だもんでハイペースっていうのはコース的になりにくい傾向があるみたいですね!下り坂に入っても最終コーナーは角度のきつい急カーブ。長くいい脚を使える馬に分がありそうです!

そのほかの詳しい歴史なんかに関してはいつものようにこちらから!JRAさんで詳しく見てね!!

馬場傾向・脚質傾向について

馬場傾向

近5年は、良馬場4回重馬場1回!今年の天気予報は雨時々曇。
降水確率も前日夜からは50%と、なかなかにタフなレースが予想されます!

近5年は比較的差しが届いている印象があります。
ただそれも第3コーナー通過したあたりから皆がアクセルをかけはじめるので、最終コーナー通過時にはそれなりに前目の位置につけられているのが条件のように思います。その結果を示すように近5年の馬券内馬の最終コーナー通過順位が8番目以上が全15頭中13頭。
近5年を見ても、最終コーナー通過時は比較的団子になっている印象ですから、道中いかにスムーズな競馬ができるかということに焦点を当てたほうがよさそうです。

脚質傾向

逃げ 勝率8.7% 連対21.7% 複勝21.7%
先行 勝率14.5% 連対26.3% 複勝38.2%
差し 勝率4.5% 連対9.8% 複勝16.7%
追込 勝率1.2% 連対2.4% 複勝4.7%

続いて、脚質傾向ですねー!セントライト記念における脚質別成績は上記のようになっています!
はい!まぁこれも納得の数字ですよね!
近5年は、レース全体で見たときに初めから前目でっていうのはそこまで残ってこない印象。どちらかというと中団後方あたりから一気に差してくる馬の方が、馬券内に食い込んでくる好走しているケースが多いように思います。
ただこれはあくまで主観になるのですが、勝ちとなると前目の方が多いように感じますね!

血統傾向について

要注目の産駒

今回出走予定馬で、中山芝2000m戦績上位産駒は下記のようになっています!

1. ディープインパクト(1) 単勝12.5% 連対28.8% 複勝35.6%
2. キングカメハメハ(1) 単勝16.7%連対19.4% 複勝22.2%
3.  ハーツクライ(1)単勝5.1% 連対14.1% 複勝26.9%
※()内は出走予定馬数
まぁ出走馬の総数的に考えても、比較的妥当な、所謂良い血統の馬が勝ってきているのかなと思います。だとしてもディープ産駒が頭一つ抜けている印象。近5年、13-17-7-67大体半分の馬はトータルで行くと馬券に絡んでいるという結果になっています。

PICK UP!!産駒

上位人気が予想される中、個人的に非常に取捨に悩んでいるのがオニャンコポン。世代で見ても強い部類に入ることはゆるぎない事実なのですが、個人的には馬名からの過剰人気の傾向が強い印象があります。そんなオニャンコポンはエイシンフラッシュ産駒。
芝の距離で見ると産駒成績的には2000mに次ぐ2番目に勝率が高いのが芝2200m。距離的には2200mを境に距離が延びるとガクッと数値が落ちるというデータもありますので、産駒的にダービーは距離の問題があったかもしれません。産駒的にも広いコースの方が全体的に好走の傾向があるみたいですね!
ただ一つ、馬場が渋った場合でもしっかり走る傾向の強い産駒のようですのでそこに賭けるっていうのはありそうですね!

ジョッキーについて

出走予定で直近での成績最高位は横山武騎手単勝20.7%複勝41.4%!
今回はショウナンマグマ騎乗予定で、直近の戦績は6-4-2-17!
飛ぶか馬券かって感じですね!騎乗予定のショウナンマグマも逃げが予想される馬ですので、荒れていない綺麗な馬場を内枠で駆け抜けることができれば一発あるかもしれないですね!横山武騎手は夏も内枠で逃げて好走してましたからね!

騎乗予定(9/15時点)のジョッキー 中山芝2200m 成績上位者はこちら!
1位 横山武JK(ショウナンマグマ) 単勝20.7% 複勝41.4% 単勝回収率76.6%
2位 田辺JK(アスクビクターモア) 
単勝13.3% 複勝36.7% 単勝回収率234.3%
3位 石橋脩JK(ボーンディスウェイ) 
単勝15.4% 複勝34.6% 単勝回収率155.4%
※()内は騎乗予定馬

そのほかの情報

前走ダービー組

前走ダービー組の戦績が圧倒的に良いレースのようですね!近10年で実に6-4-4-21と約半分は馬券に絡んでいる様子。開幕してまだ間もない馬場なだけに、前目の馬にはダービーの着順問わず注意が必要かもしれません。

菊花賞との関係性

近5年、セントライト記念の出走数は計74頭。その内次走に菊花賞に出走した馬は26頭。
さらにその中から
馬券に入ったのは5頭です。数字で見ると1-3-1-21で唯一の勝馬は昨年の菊花賞馬タイトルホルダーのみ。そのタイトルホルダーも昨年のレースはどん詰まりのかなり厳しいレースでしたから十分余力は残っていたんでしょうね!
あまり繋がりがないという話もちらほら聞こえてきますが、データだけで見ると実に4頭に1頭は馬券に絡んでくるといっても語弊がないぐらいの感じです!

1枠

最内枠まさかの0勝。これは過去20年までさかのぼったデータなのですが、0-4-2-24と来ても連対まで。開幕して間もない馬場にもかかわらず最内枠はなんでか勝てない。「ダービーの1枠は買っておけ」っていうのに通ずる何かを感じますわ。。。

皐月賞

このセントライト記念ですが、同じ中山で距離も似通った皐月賞とそれなりにリンクしているところがあるみたいですね!昨年は該当馬がいなかったみたいですが、一昨年2着サトノフラッグは皐月賞5着、3着ガロアクリークは皐月賞3着。2018年勝馬のジェネラーレウーノは皐月賞3着、2017年2着アルアインは皐月賞勝馬です!
今回でいうと、アスクビクターモアが皐月賞5着。まぁ硬そうですね!!

1番人気

一番人気の好走率が非常に高く、4-3-0-3で単40%連70%複70%!
今回はアスクビクターモアが断然の一番人気になりそうな予感。紐では抑えておきたいですね!

横山典騎手・田辺騎手

近5年、この二人でともに勝ち負けを繰り返していますね!唯一この二人以外が勝ったのが2020年なのですが、その時は両騎手とも振るわず最下位が横山騎手でブービーが田辺騎手と仲良く撃沈。順番で行けば今回は横山典騎手の番かも??

最後に

はいはいはいはい!今回は二日連続でお届けしました!秋競馬に向けて気合十分って感じです!

他のメディアでも騒がれているダービー組VS上り馬の構図って面白いですよね!しかも今回は秋の勢力図を変えてしまえる程ともいわれる馬が2頭もいます!しっかり悩んで悔いなく馬券を買いたいもんです!まぁまぁそんなこんなでそれでは週末!バシッと当てて楽しい週末を過ごそうぜ!!

本日のおすすめ